楽天とAmazonのプロ。税理士の妻ユミコの話。  めっちゃ 楽天ポイントがたまる!?  楽天スーパーディールってなに?

2022年9月16日
Posted in コラム

税理士のイイノの妻、ユミコが書いています。

 

※ここからは前回と同じ内容※

私が気軽に書けて、他の方にとって価値のあるブログって何なのだろう…..と考えて第一に出てきたもの….

それは、税理士事務所の前に複数年に渡り携わってきた、EC界隈の基礎的な経験を纏めたブログではないか….

ということで、今後は不定期にECに関する話も書いていこうかと思っております。

私は事務所のメンバー紹介にも書いていますが、過去のキャリアにおいて、楽天(株)で楽天のECCを、(株)電通デジタルでAmazonのECCをやっていました。

自分が居たからこそわかるのですが、インターネットサービスの変化は余りにも日々目まぐるしく、半年でも現場を離れていると、浦島太郎みたいな扱いをされる様な世界です。

そのため、ここでは、これは今後も変わらないだろうなという基礎的な話や、当時はこうでしたという内容を書いていくことになるかとは思いますが、悪しからずご容赦ください。

ただ、当時だと言えない様な今だから言える話や、後から振り返ったからこそわかる話が出てくる点は、提供できる利点かもしれません。

※ここまでが前回と同じ内容※

 

さて、今日は、楽天スーパーDEALについてです。

昨日までは、主にショップオーナーさん向けの楽天市場の仕組みを書いてきましたが、今日は消費者さん的にも知っているとお得なDEALについての説明です。

 

楽天スーパーDEAL公式ページ

 

↓例えばこんな感じ

 

ややこしく説明するから完全に世の中に広まってないのではないかと思うので(昔よりは知名度上がっているでしょうが)簡単に言います。

このDEALっていうのが付いた商品については、消費者はポイントがいつもよりいっぱい貰えるというのがシンプルな仕組みの内容です。

DEALってついてないのに、ポイント30倍!とか書いてあるのと何が違うかっていうと、消費者側から見たら、特に違いはありません。

もちろん、ポイントにも期間限定ポイントとか、ずっと使えるポイントとか、エントリーしないと貰えないポイントとか、もう本当に色々あるんで、細かい違いは常にポイント関連の話では付きまとうと思います。

ですが、基本はポイントが普通よりめっちゃ貰えるのが楽天スーパーDEALだと思って、7.5割位は合ってるイメージです。

 

細かいご利用ガイドはこちら

 

で、ちょっと気になる点があるとすれば、何でこんないっぱいポイント付ける施策を、わざわざ有名メーカーがこぞってやってるの?

何か裏があるんじゃないの?という点かなと思うのですが、主なり理由は以下のようなものが、考えられるかと思います。

 

「メーカーの立場的に、卸とか小売りの人に安易に値引きするなって言ってるけど、いざ自分が値引きしたい時に、言い訳として使える。

ブランドや価格を棄損しないポイントというお得感で、顧客獲得・シェア拡大ができる。」

 

このスーパーDEALは、主に利幅の広い商品を扱っている or 立場的にメーカーなので、利幅結構ありますみたいな企業の商品が多く載っています。

そりゃそうです。利幅がなければ、売れば売るほどただの赤字で、事業として成り立ちませんので、勿論損はしない様になっているはずです。

(偶に、新規獲得を最優先にして、生涯顧客価値で計算していて、短期的に赤字という場合もまれにありますが。)

 

メーカさんは、ブランドや価格維持とかで、勝手に安易に小売りや卸の人が値下げするのは、基本的にNGにしている所が多いと思われます。

しかし、メーカーさんのマーケティング戦略的には、大容量で買ってくれるお客さんとか居たら、他の同じ用途の商材で違うブランド買う位なら、今うちのブランド買ってよ!ポイントつけるからさ!シェア拡大!シェア拡大!みたいなのがあったりします。

そういう時に、この楽天スーパーDEALという、”楽天がやってる”企画に出してるよ!という大義名分があると、遠回しの値引きだけど、体裁的にはブランドも価格も棄損しないポイントで、お客様にお得に提供できるというのが、すごく便利な仕組みになる様なんですね。

 

あとは普通に、お得感がある状態で楽天市場の露出面が結構スーパーDEALって大きいので、広告効果狙っているメーカーさんも多いのではないでしょうか。

 

ま~これは、”想定される”いくつかの事例ですので、色んな用途でスーパーDEALに商品を出しているショップオーナーさんが居ることでしょう。

 

ただ言えることとしては、書いてあるポイント分は必ず貰えますし、裏っぽい理由でポイントを付けている訳ではないことが基本だと思いますので、消費者の方にはお得な側面しかないのではないかということです!

ぜひ使い方を把握して、購入してみることを、お勧めします!

 

飯野 悠美子

, , , ,
直前!インボイス対策!YouTube動画 特設サイト