税理士のイイノのおすすめ本。税理士のための百箇条。妻ユミコがまとめてみた。第3 税法は理屈の学問

2022年11月24日
Posted in コラム
2022年11月24日 飯野悠美子

先日から、税理士の飯野がオススメする「税理士のための百箇条-実務と判断の指針-」について、妻ユミコがまとめてみたシリーズを、お届けしています。

筆者は、税理士・公認会計士・弁護士の3つの資格をお持ちの、関根稔先生です。

先生が、各業界を見てきた視点で、主に若手税理士などに向けて「気付き」を与える目的で、執筆された本です。

わたしは将来的に税理士を目指しているので、少し早いですが、大先生からのアドバイスを先に読むことができる、貴重な機会にしていきたいと思っております!

今日は、第3 「税法は理屈の学問」です。

第3 税法は理屈の学問 1

 

第3 税法は理屈の学問 2

 

先日もブログでお話しした通り、私はまだ簿記を勉強している位なので、税法の勉強には足を踏み入れたことがありません。

ただ、税理士試験を受ける話しをすると、税法は暗記が大変というのは、たしかに常時、聞くフレーズです。

 

ですが、今回は、税法の学習方法は、一般的に言われる”暗記”だけではなくて、基本理論を知り・理屈を理解するという認識で進めるのが、正しいということを、学習開始前に知ることができました。

理屈を理解していれば、おのずから答えが出てくるのが、税法の解釈であり、その方法こそが、千差万別の実務への適用に繋がるからとのことです。

 

暗記は当たり前という書かれていない前提もありそうな気がするので、実際に勉強を始めたときにどの程度自分が対応できるのかという懸念はありますが、

今後の長い人生をかけて、実務に携わっていく予定なので、しっかりこれを念頭において、勉強を進めていきたいと思います!

 

飯野 悠美子

, , ,
直前!インボイス対策!YouTube動画 特設サイト