税理士のイイノのおすすめ本。税理士のための百箇条。妻ユミコがまとめてみた。第2 必要なのはストーリー

2022年11月24日
Posted in コラム
2022年11月24日 飯野悠美子

先日から、税理士の飯野がオススメする「税理士のための百箇条-実務と判断の指針-」について、妻ユミコがまとめてみたシリーズを、お届けしています。

筆者は、税理士・公認会計士・弁護士の3つの資格をお持ちの、関根稔先生です。

先生が、各業界を見てきた視点で、主に若手税理士などに向けて「気付き」を与える目的で、執筆された本です。

わたしは将来的に税理士を目指しているので、少し早いですが、大先生からのアドバイスを先に読むことができる、貴重な機会にしていきたいと思っております!

今日は、第2「 必要なのはストーリー」です。

 

第2 必要なのはストーリー 1

 

第2 必要なのはストーリー 2

 

第2 必要なのはストーリー 3

 

前回のブログで書きましたが、私は税理士になることを目指しながら、会計事務所で働いています。

諸事情により顧問先担当などは現在していませんが、顧問先様との面談の席に同席したり、事務所の中で会計・税務について、所員の方が話しをされているのは、日々耳に入ってきます。

中でも、税理士の飯野とベテラン職員による税務調査立会に、1度だけ同席したことがありますが、その際の税務署の方とのやり取りなどを観察する中で、この「ストーリーが必要」というのは理解できる部分があると感じました。

実際に税務署の方が、顧問先様の処理とその根拠となる資料、また合わせて、ここでいうストーリーを、確認されていると思しき場面を見たためです。

 

だいぶ先の話しにはなりますが、私自身が担当者として、顧問先担当に今後携わる日が来たら、この「必要なのはストーリー」という指針を頭において、働く様にしたいと思います。

今回も非常に貴重な学びの機会を得ました。関根先生、ありがとうございました!

 

飯野 悠美子

, , ,
直前!インボイス対策!YouTube動画 特設サイト