佐賀県出身。税理士の妻ユミコの話。透明のイカがおいしい。

2022年9月17日
Posted in コラム

税理士のイイノの妻、ユミコが書いています。

今日からは私のブログとしては番外編的に、実家のある佐賀県について書いていこうと思っています。

というのも、この三連休~1週間程実家に帰省しているからです。(平日はちゃんとリモートでお仕事しますよ。)

何か史上最強の台風が来るかもしれないらしく、危ない所に自ら飛び込んでいる感じですが、台風も楽しめたら….と思ってるところです。

 

さて、佐賀県と言えば、きっと47都道府県でも目立たないランキングTOP10中の首位争いに入れそうな、目立たない県だと言えるでしょう。

ですが、地元の人しかしらない、おいしいものとか、良い場所とかあるのは、他の都道府県と同じです。

ご紹介したい物や事がいくつかあるのですが、今回はそのうちの「透明のいか」についてです。

 

皆さんは、スーパーやお寿司屋さんでいかを食べる時、いかって基本は白いか、少し透明がかった白のイメージではありませんか?

佐賀県の呼子のいかは、白ではなく、半透明なんです!

 

↓前回佐賀県に帰省した時に食べた実際のイカ刺身

 

私の実家は佐賀県佐賀市にありますが、このいかの本場は唐津という佐賀市から少し離れた海沿いなのです。

ただ、佐賀市内のいけすのある海産物屋さんでは、生きたまま唐津の呼子からいかさんが運ばれてきて、それを活きづくりで食べられるのです。

これがもう本当になんとも言えない美味しさなのです。

普段日本中で食べられる白いいかもおいしいのですが、この透明のいかは特別なおいしさなんです。

新鮮な透明感からもわかる歯ごたえを感じながら食べ進めると、ほのかな甘みと、深い旨味が味わえます。

身を噛むと、いかの味がにじみ出てくる感じです。

 

美味しいのはもちろんのこと、このいかさん、実は上に切り刻まれたいかがが並んでいるだけで、

下敷きになってる方の別の個体のいかは生きているんです….なんて酷い仕打ち….

 

↓めっちゃ動いてびっくりした時のわたしの動画w

いつもいかの活き作り大好きで、食べたいと思うんですが、もし自分がこのいかだったらという妄想をして、

ぞっとすると共に同情しつつ、遠慮なく食べております….笑

 

そして、更なるおいしさが襲ってくるのは、更にこの後なのです…..

この死んでる方の、乗っかってる方のいかを食べ終わると、生きてる方のいかさんを店員さんが厨房に連れていってくれます。

そしてここからが本番位の勢いなのですが……生きてたいかさんが、こういう感じで出てきます!!!

 

 

そう、いかの”天ぷら”になって出てくるのです。

写真からもビシビシ活きが良かったいかの身であることが伝わっていることを願います。

これを天つゆにつけて、佐賀県の美味しい白ごはんで食べると、もう最高!(カロリーも最高!)という感じです。

 

短い人生、観光のためだけに佐賀県に来て!とまでは言いません。(弱気)

でも、もし九州に来る機会があるとか、福岡に来る機会が偶々あるとか言う時には、ぜひ、このいかは一度食べることをお勧めします!!笑

 

夫の税理士の飯野明宏は、新鮮な魚類が嫌いなので、絶対食べたくない!というかと思います。

同じ様に、刺身嫌いとかであれば、止めといた方が良いでしょう。

 

でも、普段からぶりとかはまちとか、寿司が好き!という人にとっては、最高の体験になること間違いなしです。

一歩譲って、福岡の博多や天神の一部の店でも、いけすがあれば食べられたりします。

 

どこでも良いので、ぜひ!この美味しい透明な呼子のいかの活き作り、ぜひ、お試しあれ。

 

飯野 悠美子

, , , ,
直前!インボイス対策!YouTube動画 特設サイト